ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

奇跡の絆

奇跡の絆 [DVD]

奇跡の絆 [DVD]


4月11日『奇跡の絆』DVDリリース!

コレのサンプルを見てました。

原題は’Same Kind of Different as Me’。グレッグ・キニアレニー・ゼルウィガーが主演した、実話を基にしたヒューマンドラマです。共演もジャイモン・フンスージョン・ヴォイトという豪華版。ただし、監督・脚本はマイケル・カーニーというコレが初長編という見知らぬヒト。

長年連れ添った妻デビーに浮気がバレた画商のロン。罪滅ぼしのために、デビーが薦めるがままにホームレス相手のボランティアに参加した彼は、そこでデンバーという気難しい男と出会う。彼に会った途端、デビーはデンバーこそ夢に出てきた男で、ロンに彼と仲良くなって欲しいと言い出して…。

この後は、ホームレスの男と交流するうちに、彼がたどってきた数奇な半生を知る主人公。そうこうする中で彼の心境、妻や娘との関係にも変化が。だが、妻の体調も…という展開。

で、ぶっちゃけると、キリスト教布教映画ではないと思うんだけど、何ともスピリチュアルな雰囲気が充満している作品でした。

良く言えば穏かなムード。でも個人的な趣味からすると、特に序盤は、浮気がバレる流れ等、ソコもっとちゃんと見せた方が面白くなるんじゃないの?というシーンの連続で、淡々とし過ぎて盛り上がりに欠ける内容。この辺、演出力がある監督なら同じ話でも、もっとどうにか出来たんじゃないでしょうか?

絵的には、キニアとフンスーが出ずっぱりな分、それなりに見られるレベルなんですが。

というか、そういう事以前に、ゼルウィガーのお顔の状態が気になって気になって、それどころじゃない作品でした。初登場のシーンから、お前誰だよ!?と突っ込みたくなる激変ぶり!しかも、演ってる役が夢のお告げを信じて、弱みを握られた旦那を引っ張り回す女房ですからね。映画そのものより、こっちの方がよっぽどスリリング!!

彼女のお顔を見るたびに、どんなにキレイキレイなお話を見せていっても胡散臭く感じられてしまう、そんな作品でした。
news.walkerplus.com
布教映画の最新作はコレ。これも序盤をもうちょっと俗っぽく作れば面白くなった、かも知れません。

アメイジング・ジャーニー ~神の小屋より~ [DVD]

アメイジング・ジャーニー ~神の小屋より~ [DVD]


9/9(土)公開『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』予告編