ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ファンキーランド

ファンキーランド [DVD]

ファンキーランド [DVD]

コレのサンプルを見てました。

原題は'Why Stop Now?'。「バットマン vs スーパーマン」でのレックス・ルーサー役も楽しみな、ジェシー・アイゼンバーグが2012年に主演していたコメディドラマです。共演はメリッサ・レオトレイシー・モーガン。監督・脚本のフィリップ・ドーリングというヒトが2008年に作った'Predisposed'という短編をバージョンアップした作品のようで、コレが彼にとっては初長編。更に「ペインテッド・ヴェール ある貴婦人の過ち」の脚本家、ロン・ナイスワーナーが共同監督&脚本としてクレジットされてます。

大事な音楽学校のオーディションの日だというのに、緊張を紛らす為か、前夜に近所のパーティに参加してしまったピアニスト志望の青年イーライ。しかも、オーディション前に問題児の妹を学校に送り、ドラッグ依存症の母親をリハビリ施設に入れる筈だったのだが、最近ドラッグを止めていた母親は陰性と判断され、入所を断られて…。

この後は、更生施設に入る為にドラッグを買うハメに…という事態になり、ディーラー(モーガン)の下へ行くと彼も品切れ。仕方なく取引現場にまで付き合うのだが、オーディションの時間は刻一刻と迫り…という、アイゼンバーグがトンデモない周囲に振り回されるという、如何にもなストーリー。

ドラッグが本ネタの作品にしては何故か爽やかテイストで、この辺も今時のインディペンデントなコメディドラマらしいところ。リズムも悪くないと思います。

ただ、起こるドタバタや主人公と周囲の人物との関係性がいずれも弱めで、おかげでお話の振り幅が狭くなってる印象。アイゼンバーグの映画は、飄々とした彼が本気になる瞬間があってこそ面白くなると思うんですが、コレはソコまでに至ってない感じ。

それなりのキャストを揃えた割りに、あまり上手く使いこなせてない凡作でした。アイゼンバーグのファンなら、ですかね。