ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ユージュアル・ネイバー

コレのサンプルを見てました。

原題は'The Harvest'。WOWOWでは「マッド・マザー 生贄の少年」という別題で先行放映済みのサスペンスドラマです。何と監督がジョン・マクノートンで、サマンサ・モートンマイケル・シャノンが夫婦役! ジェフリー・ディーン・モーガンが主演してた「ポゼッション」のナターシャ・カリスと「アイ・アム・レジェンド」の人気子役、チャーリー・ターハン、そしてピーター・フォンダという、2013年製作なのにここまでほっとかれてたのが不思議な充実キャストです。

両親が亡くなり、祖父母が暮らす田舎町に引き取られた少女マリアン。環境に馴染めず、孤独な日々を過ごしていたマリアンだったが、ある日近くの家に住む車椅子の少年アンディと出会って…。

難病の少年は女医でもある母親から自宅治療を受けていた。孤独な少年と少女は惹かれ合い、母親が禁じるのも聞かず、マリアンは彼の家を訪ねるが…という展開で、前半戦はどう見ても難病系のファミリードラマの雰囲気でビックリ。孫とピーター・フォンダ演じるお爺ちゃんとの関係もイイ雰囲気で、どうしたんだ!?ジョン・マクノートン!という気分に。

サスペンス風なのは両親のコワい顔くらいw。まあ、二人の過去作を考えればサイコスリラーにも見えてくるんだけど、息子を軟禁状態にしている母親は行き過ぎた過保護とも取れるし、マイケル・シャノンはそんな妻に嫌気が差して浮気する始末…と思ったら?!

後半戦になると、これがまあ驚きの急展開*1に転がっていくんですが、これがどうだったのか。元々この展開有りきの映画なんだろうけど、そのまま過保護なのか?狂ってるのか?と両親役の二人でハラハラさせた方が面白かった気がしました。

*1:WOWOW版のタイトルはネタバレ過ぎるよなあ…。