ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

スペースウォーカー

f:id:mash1966:20171218201358j:plain:w130
2/9レンタルリリース インターフィルム

コレのサンプルを見てました。

原題は'Время первых'(英題'The Spacewalker')。1965年に人類初の宇宙遊泳を行い、1975年の米ソ宇宙船ドッキングの際にはソ連側の船長を務め、その功績から「2010年」に登場した宇宙船の名前の由来にまでなった伝説の宇宙飛行士アレクセイ・レオーノフを描いた宇宙アドベンチャーです。主演は「カリキュレーター」のエフゲニー・ミローノフ。「提督の戦艦」のコンスタンチン・ハベンスキー、「ホワイトタイガー」のヴラディミール・イリイン、「コマンドーR」のアレクサンドラ・ウルスヤクが共演です。監督は「ナイトライダー」のドミトリー・キセリョフ。

アレクセイ・レオーノフについてはWikipediaを参照の事。

wikipedia:アレクセイ・レオーノフ

wikipedia:宇宙開発競争

で、コレは素晴らしく見応えがあって面白かったです!

宇宙飛行士にスカウトされる理由を一瞬で理解させる、オープニングでの無鉄砲な空軍パイロット時代から始まって、訓練風景、どこまでリアルかはわかりませんが、ソレっぽい旧ソ連宇宙研究所、夕陽をバックにそびえ立つロケット、そして宇宙へ! と、レオーノフと相棒のパベル・ベリャーエフの物語を、丁寧かつ躍動感溢れる映像で綴っていきます。

この辺、ほとんどが大味なだけな昨今のロシア製VFX満載映画の中で、ひと味違う出来だった「ナイトライダー」の監督だけはあります。

そして、Wikipediaをお読みになればわかりますが、「ライトスタッフ」と「アポロ13」と「ゼロ・グラビティ」を一緒くたにしたようなレオーノフの冒険譚を、そのまんま映画化してるんだから、お話がつまらないワケがないという。

セルゲイ・コロリョフ役のヴラディミール・イリインもイイ味を出してました。

そんな感じで、特にこの時代の宇宙開発やソ連科学にご興味がある方には必見の作品でした。というか、こういうのこそ“未公開ゾーン”等でスクリーンで見せるべきなのでは?

2010年 (字幕版)

2010年 (字幕版)

mash1966.hatenadiary.com
ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 [DVD]

ホワイトタイガー ナチス極秘戦車・宿命の砲火 [DVD]

mash1966.hatenadiary.com
mash1966.hatenadiary.com