ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

リベレイター 南米一の英雄 シモン・ボリバル

コレのサンプルを見てました。レンタル版は12/22の先行リリースです。

原題も'Libertador'。エドガー・ラミレスが故郷ベネズエラの、というか、南米北部各国の独立運動を指揮したシモン・ボリバルに扮した歴史ドラマです。奥さん役でマリア・バルベルデ、更にダニー・ヒューストンやイワン・リオンが出演してます。監督は知らない人ですが、脚本を「トゥモロー・ワールド」に参加していたティモシー・J・サクストンが担当しています。

シモン・ボリバルに関してはWikipediaを参照の事。

wikipedia:シモン・ボリバル

で、そちらを見て貰えば南米史に馴染みがない人は驚く事必至な、とてつもないにも程があるボリバルの激動の生涯を、少年期の母親の死から始まって、妻を連れての帰郷、彼女の死、渡仏、そして革命へ…と矢継ぎ早に見せていきます。

戦闘シーンはお金と人員が掛けられていて相当な迫力。現地ベネズエラの風景は雄大だし、マリア・バルベルデを始めとした女優陣のセクシーなシーンもあったりwと、予想以上に見応え十分。

ただ、この物凄い物語をたった二時間弱で描くというのは…。だって、前述の部分だけでまだ三十分強ですからね。濃過ぎるネタが続き過ぎて、見ていて正直疲れてしまいました。

こういう大ネタは大河ドラマ風に、TVシリーズとしてじっくり作るのが合ってたと思います。見て損は無い出来ではありましたけど。

迷宮の将軍

迷宮の将軍

シモン・ボリバルについて書かれた本。
mash1966.hatenadiary.com