ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ラスト・スペースシップ

f:id:mash1966:20171101191823j:plain:w130
12/2レンタルリリース プライムウェーブ

コレのサンプルを見てました。

原題は'The Last Scout'。「パリより復讐の銃弾を」のサイモン・フィリップスが製作・監督・主演、「ナンバー10」のポール・タンターが製作・脚本を務めた宇宙SF映画です。既にWOWOWで放映済み。

終戦争で崩壊した地球を捨て、未知の居住可能な惑星を探す旅に出た宇宙船。七年後、燃料も尽きかけた頃、遂に住める環境を有する惑星を発見するが、そこには“先客”が…。

いつもは凡庸な犯罪映画ばかり撮ってるこのチームが、何故SF?という疑問を持ちながら見始めると、舞台こそ宇宙ですが、基本的な作りは気が利いた“風”のセリフと映像がダラダラ続く、これまで同様の作りと出来でガックシというか、ホッとするというかw。

冒頭、CGや宇宙船の外観等、ビジュアルは結構ガンバってる感があって驚くんですよ、しかし、内装をよく見ると自主映画レベルの安さだし、SF的な驚きやセンスも全然…。

というか、それ以前に役者たちの演技がヒドかったなあ。こんな連中を使っといて、何故あんなにセリフが多い作りにしたのか、ホントに疑問。その辺含めて、やはりセンスが無い人たちなんだろうと再確認した作品でした。

ラスト・スペースシップ [DVD]

ラスト・スペースシップ [DVD]

mash1966.hatenadiary.com
mash1966.hatenadiary.com