ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

エミリー 悪夢のベビーシッター

コレのサンプルを見てました。

原題も'Emelie'。ちょっと前にWOWOWで先行放映されたサイコスリラーです。主演は子役出身で「ワンス・アポン・ア・タイム」でオーロラ姫を演じてるサラ・ボルジャー。スーザン・プルファー、クリス・ビーテムも海外ドラマでちょこちょこ見かける顔。監督のマイケル・セリンはコレが初長編のよう。

結婚記念日にディナーを楽しむ事にしたダンとジョイス。新たなベビーシッター、アンナを雇い、三人の子供たちの世話を頼む。だが、両親が出掛けた直後から、真面目そうに見えたアンナはおかしな行動を始めて…。

子供たちにかくれんぼで遊ばせている隙に、家探しを始める“アンナ”。来た時は旦那を誘惑?と思われた胸の谷間も、思春期直前の長男坊に見せつけ、更にはトイレに呼びつける始末。更には、ペットの蛇の餌に、長女が大事にしていたハムスターを与えたあたりから、ほのかにホの字(わかるわあ)だった長男が異常に気づいて…という展開です。

要するにベビーシッターで来たのはサイコパス女だった!?というお話。そんな女に、幼い妹弟を助ける為に十一歳の長男くんが大奮闘するのが見どころの映画、だと思います。

ただ、その辺から並行して女の過去が挿入されていって、ただのサイコパスじゃない?となるから、勢いがイマイチ減退。

コレは見る側の趣味の問題かも知れないけど、個人的には、女をモンスター化させて、単純に長男の頑張りを見せるだけで十分面白かったんじゃないかと。

サラ・ボルジャーはコレにも出てました。