ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

タイムトラベラーの系譜 サファイア・ブルー

コレのサンプルを見てました。

原題は'Saphirblau'。ケルスティン・ギアの『時間旅行者の系譜』シリーズを映画化したSFアドベンチャーの第二弾です。主演のマリア・エーリッヒ、監督のフェリックス・フックシュタイナー等、大体前作と同じ面子。その第一作「ルビー・レッド」の感想はこちら

“能力”の調整の為、単独で時間旅行をおこなったグウェン。たどり着いた1953年の世界で、彼女はまだ未婚の祖父と出逢う。それをきっかけに“監視団”に対する疑念が更に強くなったグウェンは…。

相変わらず自分の好みとはズレてる作品でしたが、前作を見てこういうモンだとわかってる分、ストレスは溜まらず。

今回気になったのは、YA向けだと思ってたのに、結構はっきりとベッドシーンを見せてる事。ドイツだとこのくらい当たり前なの?

それと、唐突に登場して、マスコットポジションに収まる?ガーゴイルのブサイクさ…。ドイツ映画に登場するこの手のキャラで可愛かったのを見た事がありません…。

選曲が反則だけど、このシーンは楽しかった。

Saphirblau (Original Soundtrack)

Saphirblau (Original Soundtrack)

  • Various Artists
  • サウンドトラック
SAPHIRBLAU

SAPHIRBLAU

青玉は光り輝く 時間旅行者の系譜 (創元推理文庫)

青玉は光り輝く 時間旅行者の系譜 (創元推理文庫)

mash1966.hatenablog.com

※三作目の予告編