読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

古山子(コサンジャ) 王朝に背いた男

SAMPLE 劇場未公開 韓国映画

コレのサンプルを見てました。

原題は‘고산자,대동여지도’(英題'The Map Against the World')。初めて朝鮮半島の精巧な地図を作成したキム・ジョンホを題材にした韓国製時代劇です。主演は「ハイヒールの男」のチャ・スンウォンで、ユ・ジュンサン、キム・イングォン、ナム・ジヒョン等が共演。監督は「シルミド」「黒く濁る村」のカン・ウソクです。

十九世紀。朝鮮半島全土を徒歩で周り、地図の作成を単身行っていたキム・ジョンホが漢陽に帰ってくる。苦しい家計も顧みず、一人娘の顔や年齢まで忘れてしまうほどに熱中していたジョンホに呆れる周囲の人々。だが、彼が作った地図“大東輿地図”は正確を極め、故に時の権力者の知る所となって…。

国防の為と称して地図を独占しようとする権力者。だが、あくまでも市井の人々の為に作った主人公は首を縦に振らず…という流れです。

序盤は、朝鮮半島の美しい風景(CG込み?)を旅する主人公の姿から始まって、地図の作成に固執する理由を手際良く説明し、更に帰郷してからのちょっと呑気な家族コメディが展開と、意外なくらいテンポ良く進んでいきます。

その間に、キリスト教徒への弾圧(ここでは結構な残酷描写が)等々、権力者たちの横暴ぶりを見せていく、中々上手い構成。

後半になると、権力闘争に巻き込まれた主人公の悲劇…といった重い展開に変貌していきますが、テンポの良さは変わらないから見やすくはなってました。

引っかかるとしたら、“于山島”関係で凶暴な日本の海賊が出現するあからさまな展開かな。せめて、彼らが話す日本語くらいはちゃんと考証してれば、印象が違ったと思いました。

で、“朝鮮の伊能忠敬”と呼ばれてる(らしい)キム・ジョンホですが、加藤剛主演の「伊能忠敬 子午線の夢」は何故ソフト化されないんですかね?

以下、カン・ウソク監督作。
公共の敵 [DVD]

公共の敵 [DVD]

シルミド / SILMIDO [DVD]

シルミド / SILMIDO [DVD]

公共の敵2 あらたなる闘い [DVD]

公共の敵2 あらたなる闘い [DVD]

mash1966.hatenadiary.com
こんなの作ってる人だからなあ。
黒く濁る村 [DVD]

黒く濁る村 [DVD]

mash1966.hatenablog.com