読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

アンダーテイカー 葬る男と4つの事件

SAMPLE 劇場未公開 アメリカ映画

コレのサンプルを見てました。

原題は'Powder Blue'。今や絶頂のエディ・レッドメインが2009年に出演していた事で発掘された作品です。共演はジェシカ・ビールレイ・リオッタフォレスト・ウィテカー。更にクリス・クリストファーソンリサ・クドローに、コレが遺作となったパトリック・スウェイジも出演してます。監督・脚本は、スウェイジとウィテカーが主演したベトナム戦争映画「グリーン・ドラゴン」のティモシー・リン・ブイ。

クリスマスも近いロサンゼルス。多額の借金と共に、父から葬儀屋を相続した青年クワーティは、飛び込んできた元神父から“殺してくれ”と依頼される。一方、出所したばかりのジャックは、子持ちのストリッパー、ローズと出逢い、父親のように彼女の相談を聞くように。そして、ローズの愛犬をクワーティがひいてしまい…。

こんな感じで、運命のイタズラか、ただの偶然か、都会に暮らす孤独な男女が知り合い、絡み合うという、「マグノリア」や「クラッシュ」に代表される、2009年の時点でも流行りは終わってた気がする群像ドラマでした。

キャストの良さもあって作品全体のムードは良いです。冒頭、リオッタがタトゥーだらけの裸のまま冬の海へ入っていくシーンから始まって、イイ感じの映像も連続。

ただ、大半のこのジャンルの映画にありがちですが、副題に“事件”とある割りには大したお話は無く、淡々と進む展開。この辺が今まで日本でほっとかれてた原因でしょう。

まあ、肝心のエディ・レッドメインはナイーブ青年役がハマってるし、スタイル抜群のジェシカ・ビールのストリップダンス(ポールダンスもおそらく吹替無しで披露)も拝めるんで、二人のファンの方なら…といった作品でしょう。

あ、もちろんパトリック・スウェイジのファンの方も。出番は少ないですが、この頃は癌の闘病中だったんだろうなあ…とシミジミしてしまいました。


mash1966.hatenadiary.com
ティモシー・リン・ブイが製作、兄弟のトニー・ブイが監督した作品。