読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ラン・スルー・ザ・ナイト

f:id:mash1966:20161218184333j:plain:w130
2/3リリース プライムウェーブ

コレのサンプルを見てました。

原題は'Чистое искусство'(英題'Pure Art')。今年の未公開ゾーンで上映された「カリキュレーター」の美人女優、アンナ・チポブスカヤが主演したロシア製サスペンス映画です。共演は「レッド・リーコン1942」のピョートル・フョードロフとイフゲニア・マラフーヴァ。製作・監督も「レッド・リーコン1942」のレナート・ダブリティアロフです。

米大統領がモスクワを訪問中の夜。画家である恋人アンドレイの部屋を訪ねたカメラマンのサーシャ。だが、そこにいたのはアンドレイの死体だった! 部屋に入る直前に見た怪しげな男たちが犯人では?と疑うサーシャだったが、何と彼らは捜査に来た警官たちと親しげに会話?! やがてサーシャが犯人に仕立て上げられて…。

この後は、ヒロインが警察、そして真犯人たちに追われながら、事件の真相を追うが、その背後には巨悪の存在が!?という、もう超ベタな、まるで2時間ドラマかコナン君かという、絵に描いたようなサスペンス映画でした。

例えば、謎解きパートは、被害者宅に散らばっていた抽象画を組み合わせるとQRコードが浮かび上がる!?みたいなレベル。そうやって関係者にたどり着くものの、そこにはまたしても死体が!?という。

主演のアンナ・チポブスカヤのわかり易く美しいルックスも、逆にその“ザ・サスペンス”感に拍車を掛けています*1。しかも、シャワーシーン&ベッドシーンのサービスまであり!

こんな感じなので、映画としての深みには欠けますが、娯楽作として見るには充分楽しい作品だと思います。カーチェイスシーンなんかもあったりしますし。だから、製品版にも日本語吹替版の収録予定が無いのは、非常に勿体無いなあという気がしますね。

ラン・スルー・ザ・ナイト [DVD]

ラン・スルー・ザ・ナイト [DVD]

*1:最後も真犯人が勝手に真相をベラベラ喋ってくれる!w 断崖絶壁ではなかったですケド。