読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ギャラクシー・スクワッド

コレのサンプルを見てました。

原題は'Australiens'。オーストラリア製のエイリアン襲来SFコメディです。スタッフ、キャストは全く知らない人たち。

夢見がちな十歳の少女アンディは、ある夜UFOと接近遭遇する! それから十七年後、夜空を埋め尽くすほどのUFOの大群がオーストラリアに襲来! しかも、その直後にアンディのママがエイリアンにさらわれたとパパからメールが来て…。

今のヒロインは、UFOから超能力を授かったと信じ込み、何故か超下手っぴなバンド活動を続けてる女性。そんな彼女とバンド仲間たちという、要するにボンクラチームがママを助け出そうと実家へ向かうが、その前に再びUFOが!?という展開です。

予告編を見ていただけたらわかるように、さほど予算の多くない作り。UFO等のCGも結構荒めだったりします。しかし、実際にソレらが動くとアレ?悪くないんじゃない?!という気になって…。

また、如何にも低予算映画らしい間の悪いシーンもありますが、逆に不覚にもプッと笑ってしまうギャグも多々あったりして。

特に、エイリアンとの初バトルシーンの変化球っぷりはちょっと驚きました。

お話も終始そんな感じで、監督・脚本・出演のジョー・バウアーが、そういうセンスのある人なのではないかと。

難を言えば、そんなに風呂敷を畳みたくないんかい!とツッコミたくなるくらい、終盤はちょっとグダグダ。

ま、それでも見る前に予想したよりは遥かに楽しく見られた作品でした。

ジョー・バウアーの初長編らしいホラーコメディ?