ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

インタープラネット

インタープラネット [DVD]

インタープラネット [DVD]

コレのサンプルを見てました。

原題は'Arrowhead'。監督はコレが初長編、役者の人も無名揃いというオーストラリア製のSF映画です。

宇宙船アローヘッドの船内でスパイ活動をおこなっていた反乱軍のカイ。だが、船が突然故障し、砂漠のような荒野が広がる未知の惑星に墜落してしまう。数少ない生存者も相次いで死んでいく中、環境に適合したカイはコンピュータのリースを相棒に三年間生き続けるが…。

まず、全く知らない人たちが作った映画にしては、映像面はしっかりしていて、十分に見られるレベルに達してました。役者たちも顔つきが良いし。

それに対して、いきなり字幕で“ラングとハッチが戦って…”と出て来て、そいつら誰やねん!とツッコミたくなるオープニングから始まって、舞台が地球なのか、未来の話なのかすらわからない、意図的な説明不足じゃなく、話の進め方やネタの出し入れが非常に下手な作り。

終盤になって判明する設定なんかは、SF的に面白かったりするから勿体無かったなあ。

インターステラー」と「オデッセイ」の良いトコどりした作品と言えなくもない、かも知れない(適当)。