読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

次は心臓を狙う

次は心臓を狙う [DVD]

次は心臓を狙う [DVD]

原題は'La prochaine fois je viserai le coeur'。WOWOWでは「次は、心臓を狙う。」というタイトル(何この微妙な変更…)で先行放映された、1970年代のフランスで起きた連続殺人事件ギョーム・カネ主演で映画化したサイコスリラーです。共演は「消えたシモン・ヴェルネール」のアナ・ジラルド。

1978年、冬。フランス北部でバイクに乗った女性が、執拗に追ってきた車にはねられる。犯人の正体は、何と地元の憲兵隊の現職警官フランクであり、この地で連続する女性ばかりを狙った射殺事件も彼の犯行で…。

こんな感じで、シリアルキラーの犯行を犯人の側から描いた作品、と言いつつ、その捜査も犯人自ら参加してるんだからややこしい。

で、その犯行の異常性を映像で派手に見せるんじゃなく、淡々としたリズムの中で、ギョーム・カネの演技(本作でセザール賞ノミネート)で表現する作り。凶暴性を抑えられないのを悔いてるのか、自らの身体を傷めつけるシーン辺りは、判りやす過ぎてどうかと思ったけど、家族や恋人の前では全くの無表情ながら、獲物を見つけるとパッとスイッチが入ったり、ふとした弾みで暴力性が発露する辺りはコワかった。トイレの順番が待てずにそこらでいきなりヤッちゃったり、自分が犯人なのにたるんどる同僚をボコボコにしたりとか。

お話として面白いかはともかく、カネの演技を見る分には良かったんじゃないでしょうか。

Un Assassin Au-Dessus De Tout Soupcon

Un Assassin Au-Dessus De Tout Soupcon

※原作本
Le diro parole blu (Les mots bleus)

Le diro parole blu (Les mots bleus)

  • Christophe
  • フレンチポップ
  • ¥150
You Can't Put Your Arms Around a Memory

You Can't Put Your Arms Around a Memory

  • ジョニー・サンダ-ス
  • ロック
  • ¥150
この辺が流れます。

あと、劇中でフランク・ボーゼージの「河」が引用されてたのは貴重だったかな。