読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

T.I.M. ティム

SAMPLE TVドラマ オランダ映画 デンマーク映画

T.I.M. -ティム- [DVD]

T.I.M. -ティム- [DVD]

コレのサンプルを見てました。

原題も'T.I.M.'。孤独な少年とオンボロロボットを主人公にしたファミリー向けのSFアドベンチャーです。スタッフ、キャストは全く知らない人たち。

孤独な少年ティボルにとって、ママが亡くなった時にパパが買ってきた中古の家政婦ロボット“ティム”が唯一の友だちだった。そんなティボルとティムは、ある日悪ガキたちにイジメられ、ティムは壊れてしまう。街の修理屋も投げ出すほどの年代モノで、元々故障続きだったティムをパパは捨て、新型ロボットを買ってきてしまう。慌てたティボルはリサイクル場にティムを探しに行って…。

ティムはメーカーのロゴも刻印されてない、ロボットブームのハシリとなった完全な初期型バージョンだった! そんな彼を直せるのは、北の森を抜けた海岸に立つ灯台に住むという開発者の“ロボット博士”だけと聞いた少年は、ティムを連れ出し、博士を探す旅に出る…という展開です。

まず目が行くのは、このCGがお手軽になった時代に着ぐるみ丸出しで、顔はグリーンディスプレイ、胸にはキーボード、画像をプリントアウトすればアスキーアート。動く時には“ウィ〜ン”ウィ〜ンと鳴り、電源を落とすと“プシュ〜ン”と音がする、ノスタルジックにも程がある“ティム”の姿。このセンス、自分等の世代は嬉しいけど、本来のお客さんであるお子ちゃまたちにはどう映るんだろう?

もちろんコレは狙ってやっている筈。全体的にもロボットが主役の話なのにSF感はほぼ皆無(しいて言えば主人公が住む団地の無機質さくらい)で、オンボロロボットと少年が野原を歩く姿は牧歌的で、ほとんどお伽話の世界。

そんなイイ感じの雰囲気が最後まで続く作品でした。TVムービーな分、スケール感は無いけど、逆にソレが幸いした気さえ。ラストも良いし、EDクレジットまで洒落てました。

あっ! 命の授業

あっ! 命の授業

“TIM”繋がりで。