ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

シャドウ・スナイパー

シャドウ・スナイパー [DVD]

シャドウ・スナイパー [DVD]


※予告編

コレのサンプルを見てました。

原題は'La noche del ratón'(英題'Night of the Rat')。全く知らない人たちが作ったスペイン製のスリラー映画です。監督はコレが初長編のよう。

早朝出勤の為に、深夜車に乗り合わせたホルヘとサンドラ。途中、ガソリンスタンドに立ち寄ったのだが、ホルヘが会計を済ませようとしても店内は無人。仕方なく立ち去ろうと出口に向かった瞬間、突然怪我を負ってしまい… ?!

邦題でネタバレしてるし、開始三十分頃には判明するんで書いちゃうと、何処からかガソリンスタンドの店内を狙う狙撃手がいた!というお話。主人公を追って女性が店に入ってきた瞬間、頭をバーン! そこで判っちゃう!!という展開です。

この後は、酔っぱらいオヤジや別の客が立ち寄ったりはしますが、ほとんどは姿の見えぬ敵と“対峙”した主人公が立て篭もる様子を見せるだけ。

これで緊張感が保てるのかなあ?と思ったら、コレが! 何故かわかんないけど、最後までヒリヒリしたトーンが持続してイイ按配でした。

思えば、序盤男女が車内で繰り広げる痴話喧嘩もかなりちゃんと演出出来てたし、この監督、確かな才能があるのかも知れません。

デヴィッド・R・L(デヴィッド・R・ロサダ)という監督の名前を覚えて置きたくなるし、次回作が楽しみになる、そんな中々の小品でした。