ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ドローン 無人爆撃機

コレのサンプルを見てました。

原題も'Drones'。今何かと話題の無人機ドローンを題材にした戦争サスペンスです。主演は「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」にも出演しているエロイーズ・マンフォードと「タイムシャッフル」のマット・オリアリー。監督は、最近はTVドラマの演出がメインだった、ショーン・ペンの方の「バッド・ボーイズ」のリック・ローゼンタールです。

米軍大将の娘スーが、アフガニスタン上空を飛行する無人爆撃機の操縦班に配属される。相棒の“パイロット”はゲーマーの腕を買われてスカウトされたジャック。すると、ジャックたちが一ヶ月の間監視していたアルカイダのテロリストの実家に動きが…。

まず、低予算映画にとって、このドローンというネタは格好の題材かと。メインの舞台は掘っ立て小屋みたいな操縦ルームに限定され、戦争映画といっても戦闘シーンはモニター越しの映像で良い。ドローン自体は極端な話、見せなくても良いし。あとは、少ない登場人物の会話を上手く作れれば…という。

本作はまさにそんな話で、対照的な出自の主人公二人の会話がほとんど。彼らがいがみ合ったり、実際に攻撃をするのにためらったりと、まあベタな話に終始はしてますが、役者もそれなりだし、監督はベテランで演出が的確。更に、最新鋭の兵器を扱ってるという緊迫感もあって、ソコソコ見られる出来に。

スゴく面白く出来てるワケじゃないけど、それなりには楽しめる作品かと思います。

それにしてもこのニュース、コワイなあ。
www.newsweekjapan.jp
コレ、最後まで販売出来るのか?
deagostini.jp