ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

バトル・ダンス

バトル・ダンス [DVD]

バトル・ダンス [DVD]


※予告編

コレのサンプルを見てました。

原題は'Battlefield America'という物騒さですが、監督/クリス・ストークス&主演/マーカス・ヒューストンの「ユー・ガット・サーブド」コンビによるダンスバトルムービーです。このコンビの作品が日本に入ってくるのは駄作スラッシャー「サムバディ ヘルプミー*1以来?

広告代理店で出世街道に乗るショーンは飲酒運転で捕まり、裁判所から社会奉仕活動に就く事を言い渡される。そして彼にあてがわれたのは、経験の無い子供たちへのダンス指導だった。

というワケで、ダンスバトルものには違いありませんが、ちびっ子ダンス映画でした。

で、このコンビの作品はいつもそうですが、米本国での評判がすこぶる悪い。見てみると、本作の場合は全てが薄っぺら!

ストーリーがスポーツ系キッズ映画のパターンをなぞってるだけなのはともかく、始めはいがみあってた主人公と悪ガキたちがいつの間にか打ち解けあってたり、練習シーンは無く、決めワザがあるワケでもないのに、スゴそうなコーチを着けただけで大会を勝ち上がっちゃったり。

そして、衣装や美術がチャラチャラし過ぎてるせいで、悪ガキたちはハードな日々を…みたいな設定も嘘クサく感じられてしまう。というか、その辺ちゃんと見せた方が面白くなったんじゃないかなあ?

主人公が広告マンという設定だから見せ方が上手い!という展開かと思ったのに、そういうのも無いし、ホントにドラマ部分はかなり退屈でした。

さすがにダンスシーンはカッコ良かったりはするものの、良いのは主に主人公チームじゃなくて敵側や雑魚キャラの方だったりするし。

こんな感じの凡作で、ちびっ子のヒップホップダンスに興味がある方以外はキツめな作品でした。

*1:続編があるらしい…。