ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

世界の終り

世界の終り [DVD]

世界の終り [DVD]


※予告編

コレのサンプルを見てました。レンタル版は10/3リリースです。

原題は'Goodbye World'。「アントラージュ★オレたちのハリウッド」「エア・ドラム! 世界イチせつないロックンローラー」のエイドリアン・グレニアーが主演したパニックドラマです。共演は「バーチャリティ12」のケリー・ビシェに、ベンジャミン・マッケンジーマーク・ウェバー、ギャビー・ホフマンといったところ。監督はよく知らない人です。

ある日突然、“goodbye world”とだけ記されたメールが届いたかと思った途端、次々にライフラインが止まり、パニック状態に陥ったアメリカ。こんな日が来るのを予見し、自家発電設備を備えた郊外の家に引っ越していたジェームズ一家宅に、旧友たちが集まり始めて…。

恐るべきスパムメールを送りつけたサイバーテロリストを探したり、暴徒と化した近隣住民と戦ったり、というような部分も一応はありますが、作品の本質は、「セコーカス・セブン」や「再会の時」みたいな、ある事をきっかけに久々に集まった、過去に色々とあったらしい*1男女がロッジの中で語り合う、ディスカッションドラマの色が濃い作品でした。

まぁ、メインの一家がマリファナまで自家栽培してたりと、登場人物像やその会話が色々とインテリ&エリートっぽいアオくさくて気にはなります。

その辺を軽減させるようなユーモアやイイ音楽といった要素があれば良かったかな。つまんなくはなかったですが。

魂(ソウル)のゆくえ

魂(ソウル)のゆくえ

*1:この部分を匂わす程度に抑えてるのはイイと思いました。