読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

MI5:消された機密ファイル

SAMPLE TVドラマ イギリス映画

コレのサンプルを見てました。

原題は'Page Eight'。英国BBC製作のスパイミステリーです。主演はビル・ナイで、レイチェル・ワイズ、ジュディ・デイヴィス、マイケル・ガンボン、「今日、キミに会えたら」のフェリシティ・ジョーンズに、レイフ・ファインズが共演という劇場公開作級の豪華キャスト。監督・脚本も、「愛を読むひと」の脚本家で、監督としても「ウェザビー」で金熊賞を受賞しているデヴィッド・ヘア。

英国機密諜報部のベテラン諜報員ジョニーは、昔からの腐れ縁で上司のベネディクトから、ある機密書類を渡される。それは米国政府の秘密の捕虜収容所について記されたものだった。内務大臣も混じえ、その取り扱いについて紛糾する部内。一方ジョニーは、同じアパートに住む美女ナンシーの背後を独自に調査していた…。

で、美女の“調査”をしていたところに、上司の訃報が! 話は英国政府のトップにまで繋がっていって…というポリティカルな展開です。

まぁ、話うんぬん以上に、MI5上層部のビル・ナイとジュディ・デイヴィスとマイケル・ガンボンがエレガントなクイーンズイングリッシュでソレっぽい会話を繰り広げるだけで、何だかイイものを見ている気分に(w。

終盤は孤高の老スパイが、娘の妊娠に気をもみつつも、政府に対して戦いを挑む!という流れなんですが、英国製らしい落ち着いた雰囲気に終始してるので、単純な娯楽作としては盛り上がりきれてないかな?

何より、いくら渋カッコ良くて、物語上も英国スパイらしくお盛ん、かつ内勤の分析官という設定でも、ビル・ナイおじいちゃんが現役スパイで、レイチェル・ワイズとイイ雰囲気になって、フェリシティ・ジョーンズのパパというのは無理がある気が(w。

ま、見て損はしない作品ではあるんですが。

ダメージ(Blu-ray Disc)

ダメージ(Blu-ray Disc)

めぐりあう時間たち [DVD]

めぐりあう時間たち [DVD]

※デヴィッド・ヘア脚本作品(監督作は日本ではDVD化されてない…)