ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

マーティン・フリーマンのスクール・オブ・ミュージカル


※予告編

コレのサンプルを見てました。

原題は'Nativity!'。マーティン・フリーマンが2009年に主演していた、季節はずれのクリスマスファミリーコメディです。監督・脚本・音楽は「コンフェッティ 仰天! 結婚コンテスト」でフリーマンと組んでいたデビー・イシト。英本国では教師役を変えてシリーズ化してるみたい。

演劇学校出身の小学校教師マデンスが今年の生誕祭のお芝居を担当する事に。だが、マデンスは数年前にこの芝居の演出を失敗、酷評を受けていた。それを見越した校長は、ポピーという男を助手に着けたのだが、この男がとんだバカ者で子供たちと遊んでばかりで…。

お話は、そんな状況に頭を抱える主人公が、偶然再会したこちらはエリート校の教師になっていたかつてのライバルに見栄を張り、二人の演劇仲間で今はハリウッドに渡った元恋人が芝居を見に来ると嘘をついてしまい、更にソレを盗み聞きしたポピーが振れ回り、街中で“ハリウッドがやって来る!”と大騒ぎになったものだから、さぁ大変!?という展開です。

個性豊かな子供たちと、同じ様に悪ふざけ(に見えて実は…というお約束)を繰り広げる迷惑男を相手に、フリーマンが十八番の困り顔を全編にわたって振りまき続けるという流れ。

子供たちはカワイイし、お芝居&モータウンっぽいオリジナルソングは結構よく出来てるし、果たして恋人は帰ってくるのか?というハラハラ要素はあるしという、ソツのない作り。

もう少し尖ったところがあれば映画ファンは喜ぶかとは思いますが、悪くない映画でした。ただ、やっぱりクリスマスシーズンに見るべきかな?

Nativity!

Nativity!