ながら見日記・外伝

こっちはエログロ抜きで。

ソニー・ピクチャーズ様が5月にリリースする劇場未公開作品群のサンプルが来なかったのでまとめてみました。

ディス・イズ・ジ・エンド 俺たちハリウッドスターの最凶最期の日

原題も'This Is the End'。懸念したとおり、監督・脚本がセス・ローゲンエヴァン・ゴールドバーグで、ジェームズ・フランコジョナ・ヒルジェイ・バルチェル、ダニー・マクブライド、マイケル・セラポール・ラッド、クリストファー・ミンツ=プラッセ、マーティン・スターといったアメコメオールスターキャストが実名で出演したSFコメディ大作がDVDスルーに。

インファナル・ディール 野蛮な正義

原題は'Bad Country'。昨年亡くなった「処刑人」シリーズのクリス・ブリンカーが製作・監督したクライムアクション。こっちもマット・ディロンウィレム・デフォートム・ベレンジャービル・デュークエイミー・スマートという充実キャスト。

ハングオーバー・ゲーム

原題も'The Hungover Games'。その名のとおり、「ハングオーバー!」シリーズと「ハンガー・ゲーム」シリーズをごちゃ混ぜにしたパロディコメディみたい。監督は「噂のアゲメンに恋をした!」「スプラッター・ナイト 新・血塗られた女子寮」の脚本家、ジョシュ・ストールバーグ。でも何故か本作の脚本は担当してない。

ドリンキング・バディーズ 飲み友以上、恋人未満の甘い方程式

原題も'Drinking Buddies'。オリヴィア・ワイルドアナ・ケンドリックと女性キャストが魅力的なラブコメディ。相手役が「彼女はパートタイムトラベラー」のジェイク・ジョンソンと「死霊館」のロン・リヴィングストンというのはちょっと地味か。

バトル・オブ・ザ・イヤー ダンス世界決戦

原題も'Battle of the Year'。ブレイクダンス世界選手権を題材にした青春ダンス映画。主役(?)はクリス・ブラウン!

しかし、何故にソニー・ピクチャーズは劇場未公開にした途端、ブルーレイ版をリリースしないんでしょうか?